タッチキーボードの使い方と設定方法【Windows10】

Windows10

今回は、Windows10の標準機能、「タッチキーボード」の使い方をご紹介します。


タッチキーボード」というのは、タッチパネル対応のディスプレイを搭載しているパソコンで、画面上に表示したキーボードをタッチして入力操作ができる機能です。


パソコンのディスプレイがタッチパネル対応でなくても、マウスカーソルでクリックすることもできますので、タッチパネル非対応のパソコンを使用している人にも利用価値ありの機能です。


スポンサーリンク

タッチキーボードを起動する



・Windows10の画面右下、タスクトレイ内にある「キーボード」の形をしたアイコンをクリックします。



・「タッチキーボード」が画面に表示されます。

・記号と数字モードに切替えた状態



・絵文字モード、顔文字もあります。



タッチキーボードの設定変更



・タッチキーボード左上にあるメニューボタンクリックでメニューが表示され、キーボードのいろいろな変更ができます。

メニュー上段:キーボードのタイプを変更できます。

メニュー中断:キーボードの表示位置を切り替えできます。

メニュー下段:「言語設定」と「入力設定」ボタン



キーボードの種類

・キーボードタイプの種類は6種類あります。


① ノーマルタイプ

初期状態のキーボードです。



② セパレートタイプ

キーボードが画面の左右に分かれます。



③ スマホタイプ(日本語)

スマホで使うキーボードの日本語入力モードです。



④ スマホタイプ(英語)

スマホで使うキーボードの英語入力モードです 。



⑤ 手書きモード

タッチパネル対応ならタッチで描けます。マウスカーソルで描くこともできます。



⑥ 日本語キーボードモード

日本語キーボードに近い配列のキーボードです。Windowsキーもあります。






表示位置の変更

・タッチキーボード起動時の表示位置を変更できます。



① 画面下に表示(初期設定)

画面の下側に固定表示するモードです。



② 自由な位置に移動

マウスドラッグで 画面の好きな位置にタッチキーボードを移動すると、次回起動からその位置に表示されるようになります。



「地域と言語」/「入力設定」ボタン

・「地域と言語」や「入力設定」の設定画面を表示できます。



① 「地域と言語」の設定画面が表示されます。

普段はあまり使用する必要はないかと思います。



② 「入力」の設定画面が表示されます。

※この設定も基本的に変更する必要はないかもしれません。






まとめ

今回は、Windows10の「タッチキーボード」の使い方をご紹介しました。


タブレットタイプのWindows10などでは良く使用される機能かと思いますが、基本キーボードで操作するデスクトップパソコンノートパソコンでは、タッチキーボードの出番はほとんど無いかもしれません。


しかし、何らかの不具合で突然キーボードが動かなくなったり、特定のキーが反応しないなどのトラブル時の応急対策には、この「タッチキーボード」機能がとても役に立つと思います。


絵文字顔文字など、タッチキーボードならでわの機能もありますので、個性的な文章の作成にも是非お試しください。


以上、最後までご覧いただきありがとうございました。


コメント

タイトルとURLをコピーしました