ウィンドウを閉じる7つの操作方法【Windows10】

Windows10

パソコンで開いているアプリケーションのウィンドウを閉じるときはどうしますか?と聞かれた場合、ウィンドウの一番右上にある「×」(バツマーク)をクリックするという答えが一番多い回答になるかと思いますが、ウィンドウを閉じる操作方法はいくつかパターンがあり、それぞれに特徴があります。

そこで今回は、「ウィンドウを閉じる」の操作方法を7つのパターンでご紹介します。

よしてっく
よしてっく

Windows10のPC上で確認しています。

スポンサーリンク

①バツマークをクリックして閉じる


これは冒頭で紹介した、ウィンドウの一番右上の「バツマーク」をクリックして閉じる操作です。これが直感的で利用することが多い操作方法かと思います。最も基本的な「閉じる」の操作方法です。




②タイトルバーで右クリックメニューから閉じる

この操作は、ウィンドウ上部の「タイトルバーの余白部分」にマウスポインターを合わせ、右クリック⇒メニュー一覧の「閉じる」をクリックする操作方法です。



この操作方法は2手必要ですので出番が少なそうですが、もしもウィンドウのバツマークが画面の外にあってクリックできない時でも対応することができます。




③タスクバーで閉じる

この操作は、タスクバー内の閉じたいアプリにマウスポインターを合わせ、右クリック⇒ メニュー一覧の「ウィンドウを閉じる」をクリックする操作方法です。



この操作方法も2手必要ですが、ウィンドウが画面上に表示されていなくてもアプリを閉じることができますので、状況次第では有効に使える操作方法です。




④タスクマネージャーで閉じる

起動中のアプリケーションを監視できる「タスクマネージャー」を利用して閉じる(アプリを終了する)操作が可能です。

「タスクマネージャー」の起動手順は、タスクバー(何もない所)で右クリック⇒「タスクマネージャー」で起動するか、ショートカットキー操作の「Shift」+「Ctrl」+「ESC」3つのキー同時押しで起動することができます。



「タスクマネージャー」の画面で終了したいアプリを選択⇒「タスクの終了」をクリックでアプリを閉じることができます。



この操作方法も2~3手必要ですが特徴は、例えばアプリがフリーズしてしまってバツマークのクリックも受け付けない場合に活用できます。主に強制終了する必要に迫られたときの対策手段です。




⑤ショートカットキー「Alt」+「F4」で閉じる

ショートカットキー操作「Alt」+「F4」でウィンドウを閉じることができます。


この操作はショートカットキー操作の慣れが必要ですが、マウスの移動を極力少なくしたい時にかなり有効です。

複数のウィンドウを連続で閉じたい場合に、マウス操作との連携でスピーディに次々と閉じることが可能になります。

似ている効果のショートカットキー操作で「Ctrl」+「W」も「閉じる」の操作ですが、例えばExcelで実行した場合に、Bookのみが閉じてアプリケーション自体は閉じられずに残ってしまいますので、「Alt」+「F4」操作の方が確実となります。

アプリケーションによっては、 「Ctrl」+「W」も 有効です。




⑥アプリのメニューから閉じる

アプリケーションによっては、そのメニューから「閉じる」を操作することもできます。


これは、アプリケーションによって出来るものと出来ないものに分かれます。




⑦タイトルバーの左上をダブルクリックで閉じる

ウィンドウのタイトルバーの一番左上のカドをダブルクリックすることで閉じることができる場合もあります。

「場合もある」というのは、これも「アプリのメニューから閉じる」と同様に、アプリケーションによって出来るものと出来ないものが分かれるからです。

アプリによっては変な動作をしてしまう場合もありますので、「こういう操作もあるんだな」くらいの感じで参考程度にしてください。




まとめ

今回は、ウィンドウを閉じるときの操作方法を7つのパターンでご紹介しました。

単純に「閉じる」という操作ですが、いろいろなパターンがあることが解ってもらえたかと思います。

全ての操作方法を覚える必要はありませんが、このような操作方法のバリエーションをいくつかできるようにしておくと、作業の効率化のヒントになるかと思いますので参考にしてみてください。


以上、最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました